シマンテック(河村浩明社長)は、イメージバックアップ製品の最新版「Symantec System Recovery 2013」を1月8日に発売した。

 「Symantec System Recovery」は、バックアップ対象やスケジュール、保存先の3項目を選択するだけで、自動的にバックアップを開始。サーバーのデータやシステムを丸ごとイメージとしてバックアップするイメージバックアップによって、バックアップ・リカバリを数分で完了することができる。

 最新版は、サポート対象プラットフォームに「Windows Server 2012」「Windows 8」「VMware vSphere 5.0/5.1」を加え、集中監視ツールの「System Recovery Monitor」を標準で提供する。

 「System Recovery Monitor」は、専用サーバーがいらず、1台のWindowsから複数のサーバーやデスクトップのバックアップ状況を集中的に監視できる。シンプルなユーザーインターフェースで、IT担当者でなくても簡単に利用できる。

 従来のメーカー希望小売価格を改定し、最大45%値下げした。1ライセンス(初年度保守含む)の参考税別価格は、「Symantec System Recovery 2013 Desktop Edition」が1デスクトップあたり7800円、「Basic Edition」が1サーバーあたり5万3400円、「Server Edition」が1サーバーあたり8万5800円、「Linux Edition」が1サーバーあたり5万3400円、「Virtual Edition」が1物理サーバーあたり26万9300円。新製品の60日試用版を用意する。

 シマンテックでは、販売パートナー企業向けにセミナーやトレーニング、全国の拠点を訪れる訪問説明会を開催し、「Symantec System Recovery」を紹介する。