シュナイダーエレクトリックは、1月8日、1月1日付でセルジュ・ゴールデンベルグ氏が代表取締役社長に就任したと発表した。前社長のアルノ・モンディ氏は、代表取締役副社長IT事業本部バイスプレジデントに就任した。

 ゴールデンベルグ氏は、社長就任以前から日本の事業全般の責任を担っており、アルノ・モンディ氏はIT事業の責任者だった。社内の組織構造を整備するため、今回の人事で、日本の事業体制を強固にした。モンディ氏はこれまでの職責を継続し、IT事業を統括する。