日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、全社のデータを自動検索して一つのポータル画面に可視化することで、社内データへのアクセスを容易にするソフト「IBM InfoSphere Data Explorer V8.2(Data Explorer V8.2)」を発売した。

 2012年4月に買収を発表したVivisimoとの統合後、初めての製品。データベースやEメール、文書ファイルやウェブページなど、物理的に異なるサーバーに格納された社内のデータを、一つのポータル画面にメニュー表示し、キーワード検索機能を提供することで、企業のビッグデータ活用を支援する。

 ポータル画面でキーワード検索を行うと、検索結果を他のキーワードによって分類した結果や、検索キーワードを含む情報がいつ頃多く作成されているか、また、これまでにどれくらい閲覧されているかなどをヒストグラムで表示したグラフィカルな画面など、キーワード検索で得られた膨大な情報から必要な情報を絞り込むためのヒントとなる情報を複数表示する。

 また、閲覧した情報にタグをつけることで再検索を容易にする機能や、コメントを追加することで自身の知見を他のユーザーと共有するコラボレーションの機能も提供する。

 セキュリティ機能も備えており、ユーザーはユーザーIDとパスワードを入力してポータル画面にログインすることで、閲覧を許可されたデータのみにアクセスできる。税別価格は527万3000円から。