TOKAIコミュニケーションズ(鴇田勝彦社長)は、2012年2月に国内のデータセンター(DC)事業者4社と締結した「データセンター事業に係る戦略的ビジネスアライアンス」に、東北インテリジェント通信(TOHKnet、柴田一成社長)が参加すると発表した。

 両社は、DCサービスや回線サービスの連携を検討する。また、アライアンスの既存メンバーである伊藤忠テクノソリューションズ(奥田陽一社長)、オージス総研(平山輝社長)、北海道総合通信網(宮本英一社長)、両備システムズ(小嶋光信社長)とも相互に同様の検討を進め、BCP(事業継続計画)/DR(災害復旧)対策の強化を図る。

 TOHKnetの参加によって、アライアンスは従来の北海道、関東、北陸、関西、中国地域に加え、東北地域もカバーすることになる。TOKAIコミュニケーションズは「より広範囲なBCP/DR対策を実現し、ニーズに応えていく」としている。(本多和幸)

アライアンスの参加事業者