日商エレクトロニクス(瓦谷晋一社長)は、大阪市堂島にデータセンター(DC)を立ち上げ、9月下旬にエンタープライズ向けのDCサービスを開始した。

 日商エレは、東日本大震災によってBCP(事業継続計画)やディザスタ・リカバリ(DR)の需要が高まっているとみて、ICT基盤/ネットワーク基盤構築や運用監視サービスをDCサービスと組み合わせて提供する。ユーザー企業のオンプレミス型IT環境のDCへの移設やクラウド環境への移行、DCのICT基盤の分散・冗長化など、幅広いサービスメニューを用意していく。

 同社は今後、大阪の堂島DCに加え、北海道エリア、首都圏エリア、中部エリアで順次DCサービスを展開。多拠点分散型DCをベースに、BCP/DRサービス事業を推し進める。(ゼンフ ミシャ)