ニュース

日商エレ、大阪・堂島にDCを開設、BCP/DRサービス事業を本格化

2011/10/04 10:37

 日商エレクトロニクス(瓦谷晋一社長)は、大阪市堂島にデータセンター(DC)を立ち上げ、9月下旬にエンタープライズ向けのDCサービスを開始した。

 日商エレは、東日本大震災によってBCP(事業継続計画)やディザスタ・リカバリ(DR)の需要が高まっているとみて、ICT基盤/ネットワーク基盤構築や運用監視サービスをDCサービスと組み合わせて提供する。ユーザー企業のオンプレミス型IT環境のDCへの移設やクラウド環境への移行、DCのICT基盤の分散・冗長化など、幅広いサービスメニューを用意していく。

 同社は今後、大阪の堂島DCに加え、北海道エリア、首都圏エリア、中部エリアで順次DCサービスを展開。多拠点分散型DCをベースに、BCP/DRサービス事業を推し進める。(ゼンフ ミシャ)
  • 1

関連記事

関西のデータセンター、需要が急拡大 ビジネスに手ごたえ感じるDC事業者

関西でDCの建設ラッシュが起きている!? DR対策として注目を浴びるDC建設地の分散化

三井情報 データセンターをセットで販売 DC事業者4社との協業関係を築く

<いまさら聞けないキーワード>データセンター

<いまさら聞けないキーワード>ディザスタ・リカバリ(DR)

外部リンク

日商エレクトロニクス=http://www.nissho-ele.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>