Skyは、クライアント運用管理ソフトウェアの新バージョン「SKYSEA Client View Ver.8.1」を2月4日に発売した。

 「SKYSEA Client View」は、「使いやすさ」を追求し、IT資産管理・ログ管理・デバイス管理・ポリシーに沿った運用支援などの機能をオールインワンで提供。クライアントPCだけでなく、オフィスのIT機器を一元管理するソフトウェアとして進化してきた。

 新バージョンでは、Windows Server 2012でマスターサーバーなどが利用できるようになったほか、資産管理の対象アプリケーションとして、Microsoft Office 2013を追加した。また、ウェブブラウザ上での資産情報の閲覧や、クライアントPCの電源オン・オフに関するログの取得、指定したプリンタからの印刷制限などもできるようになった。

 USBデバイスの利用申請、承認がウェブ上で管理できるほか、セキュリティポリシーに違反したクライアントPCに対して、注意表示(アラート)時に、事前に設定したコマンドを自動で実行できるようになった。