Skyは、クライアント運用管理ソフトウェアの新バージョン「SKYSEA Client View Ver.8」を、11月5日に発売した。

 「SKYSEA Client View」は、「使いやすさ」をキーワードに、IT資産管理・ログ管理・デバイス管理・ポリシーに沿った運用支援などの機能をオールインワンで提供するクライアント運用管理ソフト。また、クライアントPCだけでなく、オフィスのIT機器を一元管理するソフトウェアとして進化してきた。

 新バージョンでは、Windows 8を搭載したPC・タブレット端末の運用管理に対応。さらに、Mac端末のUSBデバイス管理、リモート操作ができ、マルチディスプレイ環境のクライアントPCのリモート操作にも対応した。

 Skyは、官公庁、自治体、民間企業、団体などを主な対象として、全国の販売代理店を通じて販売する。