キヤノンソフトウェア(加藤高裕社長)は、1月31日、ウェブアプリケーション100%自動生成ツールの新バージョン「Web Performer V1.3.0」を発売した。

 「Web Performer」は、開発現場の生産革新を目指して「短納期」「高品質」「低コスト」をコンセプトに2005年に発売。以来、市場の動向やビジネスの変化に対応した機能を追加し、バージョンアップを重ね、企業の開発部門やSIベンダーなど、さまざまな分野の開発現場で250社以上の導入実績をもつ。

 新バージョンでは、従来のパソコンから利用するウェブアプリケーションの自動生成に加え、iPhoneやiPad、Androidスマートフォン、タブレット端末から利用するウェブアプリケーションも100%自動生成できるようになった。これによって、ウェブ開発者は、画面定義の際、「モバイル画面」と設定するだけで、従来のパソコン用ウェブアプリケーションの定義と同じ方法でスマートデバイスに対応したウェブアプリケーションが構築できる。

 オープンソースのj Query MobileのGUI部品を活用し、スマートデバイスのブラウザに最適化した画面や、フリックやタップなどスマートデバイス特有の操作をもったウェブアプリケーションを自動生成できる。ユーザー企業は、業務システムの利用範囲が大幅に拡充することで、新しいワークスタイルに対応することができる。

 税別価格は、「Web Performer SE版」が300万円から、「Web Performer EE版」が500万円から。キヤノンソフトウェアは、大手・中堅企業のIT部門やSIベンダーなどを中心に、15年までにシステム開発を含めて35億円、累積400社への販売を目指す。