セイコーエプソン(碓井稔社長)は、2月12日、カラーラベルプリンタ「TM-C3400」にタッチパネルとパソコン機能を付加して、パソコンを使わずにタッチ操作で簡単にカラーラベルを作成できる「TMC3400LT」シリーズを発売した。農産物直売所向けのラベル作成アプリケーションをプレインストールした「TMC3400LT1」と、アプリケーションなしの汎用モデル「TMC3400LT9」の2機種がある。

 「TMC3400LT1」は、2012年9月から農産物直売所向けPOSシステムメーカーなど、一部のベンダーに販売していたモデル。展示会などで要望があったことや、実際に使用中の顧客から売り上げが30%アップしたなど高い評価を得たことを受けて、販売チャネルを拡大する。

 カラーラベルプリンタにタッチパネルとパソコン機能を搭載し、農産物直売所や食品加工所などで使用できるラベル作成のアプリケーションとサンプルをプリインストール。パソコンと接続せずに、スタンドアロンで簡単にラベル作成ができる。12.1型大型タッチパネルでの直感的な操作で、パソコンに慣れていないユーザーでも使用できる。

 ラベルのサンプルは、「販促ラベル」「原材料ラベル」「玄米・精米ラベル」「酒類ラベル」で約2万パターンを用意している。「販促ラベル」のなかには農産物約300品目、加工品約200品目の情報を登録し、商品に応じたサンプルを簡単に選択できる。文例や農作物、人物のイラスト素材も数多く収録し、USBメモリを経由して画像を取り込むことも可能。文字や画像の変更も簡単で、オリジナルラベルを作成することができる。

 文字フォントには、温かみのある手書き風のフォントを用意。商品の簡単な説明や調理方法をカラーラベルにして貼ることで、購入者の目にとまりやすく、商品の特徴を伝えることで売れ残りを減らし、売上げの拡大につなげる。

 「TMC3400LT9」は、カラーラベルプリンタにタッチパネルとパソコン機能を搭載したカラーラベル作成機。用途に応じたシステムアプリケーションをインストールして使用することで、医療・製造・流通など、ラベルが必要なさまざまな業種・業務で活用できる。

 価格はいずれもオープン。予想市場価格は「TMC3400LT1」が30万円台後半、「TMC3400LT9」が30万円台中盤の見込み。セイコーエプソンは、今後1年間で、2機種合計で約500台の販売を予定している。