日本情報通信(NI+C、野村雅行社長)は、2月15日、日本IBM(マーティン・イェッター社長)とのライセンス契約の下、テキスト分析アプリケーションの月額利用サービス「NI+C テキストマイニング・パック」の提供を開始した。

 企業がソーシャル・メディア上の書込みやコールセンターに寄せられる顧客の声などのビッグデータを手軽に分析できる環境を提供する。テキスト分析を、「まずは部門内で使いたい」「試験的に使ってみたい」といったニーズを受け、高度な分析機能と豊富な実績をもつIBMのテキスト分析ソフトウェア「IBM Content Analytics(ICA)」を月額料金で提供する。

 最大800万件のテキストデータを一括分析できる「ICA」の機能を、月額23万円から利用できる。また、Twitterを高速に分析する「Twitterクローラ」や、メーカーの意図していない使い方を示す文書の検知に有効な「意外性フィルター」など、ソーシャル・メディアや企業内のビッグデータ分析を支援するNI+Cの独自開発機能も提供する。

 日本IBMのパブリック・クラウド・サービス「IBM SmarterCloud Enterprise」を活用し、システム構築が不要ですぐに利用できる「クラウドサービス型(SaaS)プラン」と、データを外部に出さずに利用できる「オンプレミス型プラン」から、企業の課題に応じた利用形態を選択できる。

 NI+Cは、今後、「ICA」での分析結果をマーケティング活動に展開するサービスも提供する予定。