日立製作所(中西宏明社長)は、サーバー「EP8000シリーズ」のエントリモデルとして、最新プロセッサのPOWER7+を搭載した「EP8000 740」と「EP8000 720」の2モデルを、3月1日に発売する。出荷開始は4月26日。

 「EP8000シリーズ」は、メインフレームクラスの信頼性と可用性を備え、オペレーティングシステムに最新のAIX V7.1をサポートしたUNIXサーバー。金融機関や製造業をはじめとする企業の基幹業務システムや、電力、交通などの社会インフラシステムで多くの実績がある。

 「EP8000 740」「EP8000 720」はPOWER7+を搭載し、従来モデルの最大約1.2倍のトランザクション処理性能を実現。プロセッサ1コアあたりの仮想サーバー数を既存モデルの2倍となる20LPARに拡大するとともに、メモリ上のデータを圧縮することで、搭載している物理的なメモリ以上に容量を拡張するメモリ仮想化機能「Active Memory Expansion」をサポートするなど、仮想化機能を強化した。

 「EP8000シリーズ」は、2012年12月にハイエンドサーバー、ミッドレンジサーバーで、POWER7+の搭載と仮想化機能の強化を実現した新モデルを製品化。エントリサーバーでも製品化したことで、さらに高性能の製品を幅広いユーザー企業に提供できるようになった。価格は、「EP8000 740」が807万5340円から、「EP8000 720」が243万8205円から。

「EP8000シリーズ」でPOWER7+を搭載したエントリーモデル発売へ