日立製作所(日立、中西宏明社長)は、1月24日、日本マイクロソフト(樋口泰行社長)と共同で、クラウド関連ソリューションの開発・提供拠点「Virtage for Hyper-Vソリューションセンター」を東京・港区のハーモニアス・コンピテンス・センター内に開設した。サーバー仮想化分野での連携を強化する。

 センターでは、約20名のスタッフが、効率的なクラウド運用を実現するソリューション「高信頼サーバ仮想化ソリューション for Hyper-V」の開発に取り組む。

 「高信頼サーバ仮想化ソリューション for Hyper-V」は、日本マイクロソフトのサーバー仮想化ソフトウェア「Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V(Hyper-V)」と、日立の統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」に搭載しているサーバー論理分割機構「Virtage(バタージュ)」を組み合わせた技術で、1台の物理サーバー上に複数の「Hyper-V」環境を集約することができる。2013年度上期には提供を開始する。

 関連事業のプロモーション活動もセンターが推進する。また、クラウドサービス事業者や企業の情報システム部門を対象として、検証環境の貸出しや導入に向けたコンサルティング、ソフトウェアベンダーに対する検証支援などを展開する。

 センター設置に先立って、日立と日本マイクロソフトは「Virtage」の最新技術と「Hyper-V」のマッチングを共同で検証。「ライブマイグレーション機能」や災害対策用の「Hyper-V レプリカ機能」などが問題なく動作することを確認した。この検証結果をもとに開発を進める。

 日立は、2013年度中にクラウドソリューション「Harmonious Cloud」に「高信頼サーバ仮想化ソリューション for Hyper-V」を導入する予定だ。(本多和幸)