エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、インテルが提供する組込み/モバイルシステムの開発ツールスイート「インテル System Studio 2013 Linux版」の販売を開始すると発表した。

 「インテル System Studio」は、組込み/モバイルデバイス向けのソフトウェア開発ツールスイート。インテル Atomプロセッサ、インテル Coreプロセッサ・ファミリー、インテル Xeonプロセッサを搭載したLinux OSの組込み機器、モバイルデバイス向けソフトウェアなどの開発で開発期間を短縮する。C、C++やアセンブラ言語をサポートするとともに、GNUクロスビルドに対応し、Eclipse CDTやYocto Projectなどのアプリケーション開発ツールキットに統合できる。

 「インテル System Studio 2013 Linux版」に含まれる製品は、組込みLinux OS上のアプリケーション向け「インテル C++ コンパイラー 13.0」「インテル JTAG デバッガー 3.0」「The GNU Project Debugger - GDB デバッガー v7.5」「インテル VTune Amplifier 2013 for System」「インテル Inspector 2013 for System」「インテル インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ 7.1(インテル IPP 7.1)」「インテル マス・カーネル・ライブラリー 11.0(インテル MKL 11.0)」(インテル64のみ)。価格は、シングル・ユーザー・ライセンスで49万9800円。