マクニカソリューションズ(森重憲社長)は、世界中の企業、データセンター、サービスプロバイダにトラフィック・ビジビリティ・ファブリックを提供する米Gigamon社の「GigaVUE Hシリーズ」「GigaVUE Gシリーズ」「G-TAP」を、2月27日に発売した。

 米Gigamon社のトラフィック・ビジビリティ・ファブリック製品は、ネットワークに分散された監視デバイスを統合し、ネットワークを流れるトラフィックを広範に可視化できるアーキテクチャを提供する。多くの監視ポイントからトラフィックを効率的に集約することによって、ネットワークを俯瞰的に監視することができる。

 監視デバイスを統合することで、導入コストと管理コストを最小限に抑えるので、ROIの向上に寄与する。さらに、フローマッピング機能やパケット最適化機能によって、各監視デバイスがそれぞれ必要とするトラフィックだけを分配し、デバイスの処理性能を最大限に生かす環境を提供する。

 マクニカソリューションズは、エンタープライズ、キャリアの顧客に向けて、米Gigamon社のトラフィック・ビジビリティ・ファブリック製品を積極的に展開していく。