アクロニス・ジャパン(アクロニス、村上督代表取締役)は、企業でのデータ保護の重要性が高まっている状況に対応するために、創業当初から提供しているバックアップ製品に加え、安全・安心なデータ活用、アクセス、保護を実現する製品に力を入れる。

 ユーザー企業が求める「革新的な統合ITプラットフォーム」の実現には、データが保存される環境に依存することなく、一つのコンソール/ポリシーに則って、データを一元集中管理することが重要となる。これを受けて、アクロニスはバックアップ製品に加え、ハイブリッド環境でデータを保護・活用する製品を拡充する。

 米国本社が発表したアップル対応のバックアップ製品とマイクロソフトSQLのバックアップ製品は、今後、日本での発売を予定している。