東芝ソリューション(河井信三社長)は、4月1日にシンガポールに拠点を開設し、ASEAN地域での事業活動を開始する。

 シンガポール拠点は、東芝の現地法人である東芝アジア・パシフィック社内に設置。急速に発展・成長しているASEAN地域の東芝グループ各社、日系企業、現地企業に対して、ICTソリューションを提供していく。

 東芝と東芝ソリューションが提供するデータセンター(DC)を利用し、東芝グループ各社、日系企業、現地企業に対してクラウド基盤と各種クラウドサービスを提供する。また、東芝ソリューションが長年にわたって培ってきた技術やノウハウをベースに、ITサービスをクラウド基盤上で提供。さらに、インドとベトナムにある東芝グループのソフトウェア開発拠点、東芝ソフトウエア・インド社と東芝ソフトウエア開発ベトナム社を活用することで、高品質で低コストのSI(システムインテグレーション)サービスを実現していく。

 また、販売パートナーを活用することで、ASEAN地域の広範囲にストレージ製品などの競争力のある東芝ソリューション製プロダクトをDC事業者などに提供していく。

 東芝ソリューションは、今後、ASEAN各地の東芝グループ各社と連携し、広くASEAN地域での事業拡大を図る。