東芝ソリューション(河井信三社長)は、日本マイクロソフトとともに「Microsoft SQL Server 2012 Enterprise エディション(SQL Server 2012 Enterprise)」をベースとした高速データベース(DB)マシン「SQL Server SSD Appliance」を発売した。ビッグデータの利活用推進に向けて、2013年3月31日までの期間限定キャンペーン商品として販売する。

 「SQL Server SSD Appliance」は、東芝ソリューションのフラッシュアレイストレージ「Violin 6000シリーズ モデル6606」にサーバーやSQL Server 2012 Enterpriseを組み合わせた高速DBマシン。フラッシュアレイストレージをデータ領域に採用することによって、あらゆるDB処理の大幅な高速化を実現した。大量データを高速に読み取るデータウェアハウス処理や、瞬時にデータを読み書きするトランザクション処理にも最適。

 キャンペーン期間中は、通常価格から最大40%の割引き(FlexSilver/NXの場合)の特別価格で提供する。ユーザー企業は初期導入コストを抑えて、スモールスタート、クイックウィンが可能になる。

 価格は、「MAGNIA3510a SQL Server SSD Appliance」のシングルサーバーモデルが2300万円、高可用性モデルが2570万円。「FlexSilver/NX SQL Server SSD Appliance」のシングルサーバーモデルが2590万円、高可用性モデルが3370万円。