日立ソリューションズ(林雅博社長)は、3月13日、ノーチラス・テクノロジーズ(神林飛志社長)と販売代理店契約を結び、オープンソース分散処理基盤「Apache Hadoop」上で稼働する基幹系バッチ処理プログラムを効率的に開発するためのフレームワーク「Asakusa Framework エンタープライズサポート版(ES版)」の販売を開始した。

 バッチ処理プログラムの開発効率化、安定稼働、およびトラブルの早期解決を実現する。日立ソリューションズは、「Asakusa Framework ES版」の導入から一次サポートまでを提供するとともに、その実行基盤である「Cloudera Enterprise/CDH(Cloudera's Distribution including Apache Hadoop)」を組み合わせた基幹系バッチ処理システムを提供する。また、この事業をビッグデータビジネスの中核ソリューションとして位置づけ、業種や業務ごとの技術者育成を強化し、顧客のニーズに最適な提案を行っていく。

 また、日立製作所の協力の下、統合システム運用管理「JP1」との組み合わせによる運用の強化をはじめ、日立製プラットフォーム製品との連携を加速し、顧客にさまざまな付加価値を提供していく。