沖データ(OKIデータ、平本隆夫社長)と東芝テック(鈴木護社長)は、3月12日、共同開発したオフィス向けA4カラー複合機(MFP)の提供を開始すると発表した。4月上旬に欧米市場に向けて出荷を開始し、順次他地域に展開する。

 共同開発したA4カラー複合機は、OKIデータ独自のLEDプリント技術を使用したプリントユニットに、東芝テックのソリューション対応コントローラを搭載。コントローラで実現しているオープンプラットフォーム技術によって、システムインテグレータ(SI)はワークフロー改善などのソリューションを開発・提供することができる。9インチの大型カラータッチパネルによって高い操作性を実現し、高機能と使いやすさを両立した。

 OKIデータは、初めてオープンプラットフォーム技術を搭載したA4高機能カラー複合機を販売することで、ソリューション対応力を強化。商品ラインアップを拡充することで、スマートデバイスの普及やクラウドの浸透などを背景に変化するオフィス印刷市場のニーズに応える。

 東芝テックは、中低速の普及機ゾーンから高速レンジまでのA3カラー複合機のラインアップに加え、MPS/MDSの推進を図るために、新たにA4カラ―複合機を発売し、顧客のカラー複合機活用の領域をさらに拡大する。オフィスだけでなく、流通・サービス業の施設・店舗などで、これまで以上の活用シーンを提案していく。

 両社は、新製品について、全世界で年間3万台の販売を見込んでいる。

OKIデータが発売するA4カラー複合機「MC770」