ジェイズ・コミュニケーション(愛須康之社長)は、3月12日、ジュニパーネットワークスが開発したサービスゲートウェイ製品「Juniper Networks SRX240」の強化版の販売を開始した。

 「Juniper Networks SRXシリーズ」は、セキュリティ機能、ルーティング機能、ネットワーク機能を統合したエンタープライズ向けセキュリティ製品。OSには、多彩なルーティング機能をサポートする「Junos OS」を採用し、負荷のかかる状況でも高信頼のサービス運用と効率的な管理を実現する。また、オプションの「AppSecure」ライセンスを導入することによって、次世代ファイアウォールとして、アプリケーションを識別して通信のコントロールができる。

 「SRX240」の強化版は、SRXシリーズの小・中規模拠点向けモデル。1Uサイズのコンパクトなきょう体にオンボードで10/100/1000イーサネットを16ポート備えて、内蔵メモリを増強した。フルIPSをはじめとするUTM機能やインターフェースモジュールを追加できるので、顧客の要望に応えて柔軟に設計することができる。税別価格は59万9800円から。