東芝ソリューション(河井信三社長)は、新聞社向けの「販売管理ソリューション」が、日本新聞協会技術委員会(日本新聞協会、五阿弥宏安委員長)から技術開発奨励賞を受賞したと発表した。

 日本新聞協会の技術開発奨励賞は、新たな新聞製作技術の開発に貢献したメーカーに、実用化とその開発努力に対して、日本新聞協会「技術開発賞」選考委員会(技術委員会常任委員会)が贈るもの。2012年11月に行われた「JANPS2012(新聞製作技術展)」に出展された展示のなかから、東芝ソリューションの新聞社向け「販売管理ソリューション」が受賞した。

 新聞社向け「販売管理ソリューション」は、新聞販売店の基本情報を核とした新聞社の販売業務を統合管理するソリューション。販売業務に関する情報を一元化して、分析ツールによって実績データを集計・分析する。販売店の情報がリアルタイムで把握できるだけでなく、可視化されたデータをさまざまに活用することができる。また、営業担当者による分散入力や、管理部による一括入力、FB(ファームバンキング)データによる入金処理など、多くの支援機能によって、請求・入金関係業務の大幅な省力化を実現する。

 すでに全国紙での導入実績があり、各社社内で個別に作業フローが構築されている販売管理業務の標準パッケージ化を実現。販売データに関するリアルタイムでの確認や各種データ分析もできることから、新聞経営を支援する画期的なシステムとして高く評価され、受賞に至った。