日立ソリューションズ(林雅博社長)は、3月26日、米フォーティネットが100%出資するフォーティネットシンガポールと販売代理店契約を締結し、UTM(統合脅威管理)アプライアンス「FortiGateシリーズ」の取扱いを3月28日に開始する。

 「FortiGateシリーズ」をラインアップに加えることで、ユーザー企業がネットワークを安心・快適に利用するために最適なネットワークセキュリティ対策や各種保守メニューを提案できるようになる。

 「FortiGateシリーズ」は、ファイアウォールとVPN機能をベースに、アンチウイルスやアンチスパムなど、企業や組織のネットワークセキュリティ対策に必要となるさまざまな機能を一台に集約したUTM製品。独自に開発した専用プロセッサ「FortiASIC」によって、汎用プロセッサ機器に比べて高速処理ができる。

 アプライアンス単位のライセンス体系なので、ユーザーの増加を気にせずに必要なアプリケーションを選択することができ、高いコストパフォーマンスを実現している。価格は「FortiGate-100D」が45万8850円から。