ネットワールド(森田晶一社長)は、4月2日、サーバー2~3台で50~200ユーザー用の仮想デスクトップ基盤(VDI)を導入できるハードウェア、ソフトウェア、保守のオールインワンパッケージ「Networld SVP for VDI」の販売を開始した。

 仮想共有ストレージソフトウェア「StorMagic SvSAN」を搭載し、サーバー上の内蔵ディスク領域をiSCSIの共有ストレージ領域として利用することで、高価で複雑な外付けのSAN/NASストレージを用意することなく、低価格でVDIを導入・運用できる。

 Windows OSを含むVDIに必要なソフトウェアを、ユーザーの規模に応じた最適な構成で信頼性の高いCisco UCSサーバーにプリインストール。初期設定と3年間の保守が基本パッケージで、仮想化の導入障壁を大幅に引き下げた。

 税別参考価格は、50VDI用が1180万円、200VDI用が3860万円。「Networld SVP for VDI」は、仮想デスクトップソフトウェアとして「VMware Horizon View」を搭載し、年内には「Citrix XenDesktop」版の発売も予定している。