ネットワールド(森田晶一社長)は、2月14日、エクシード(鈴木義則社長)が新たに構築したプライベートクラウドに、ネットワールドが提供するCiscoとNetAppとVMware製品を組み合わせたソリューション「FlexPod for VMware」(FlexPod)を納入し、本稼働を開始したと発表した。

 このプライベートクラウドは、エクシードがITパートナーを務める企業の主要業務を支える重要なインフラ。「FlexPod」を利用することで、24時間365日の連続稼働に耐えうる高信頼性クラウド基盤を、短期間・低コストで構築することに成功した。エクシードは、仮想化/ストレージ/ネットワーク分野で豊富な経験と実績をもつネットワールドから提供を受け、先進的で柔軟なクラウドサービスを実現するためのインフラ基盤として「FlexPod」を採用した。

 エクシードは、構築したクラウド環境の適用領域をさらに広げていくと同時に、プロジェクトで培ったノウハウを生かして、他の顧客企業に対しても「FlexPod」を活用したソリューションを展開していく。

エクシードの構築したシステムのイメージ