インターネットイニシアティブ(鈴木幸一社長)は、企業のメールシステムに必要なセキュリティ機能を統合的に提供する「IIJセキュアMXサービス(セキュアMX)」に、日本マイクロソフト(樋口泰行社長)のクラウドサービス、Microsoft Office 365(Office 365)との連携機能を追加し、4月3日に提供を開始した。Office 365の取次販売も行っている。

 Office 365と「セキュアMX」と組み合わせて利用することで、メールの誤送信防止、添付ファイル暗号化、統計情報・ログ保存機能、外部媒体を含むメールの国内保管機能などのセキュリティ機能を強化し、メールによる情報漏えいなどの脅威に備えることができる。日本語スパムにも有効な「セキュアMX」の多層防御型メールフィルタリング機能を利用することで、攻撃・迷惑メールなどを高精度に検知し、Office 365に届く前にブロック・隔離する。

 IIJは、「セキュアMX」をクラウド型メールサービスに対応させると同時に、Office 365をワンストップで提供する販売体制をつくることで、顧客にとっての利便性、価格競争力、強固なセキュリティ対策の揃ったメール環境を実現。さらに、ユーザーの要望に応じて、Office 365の初期設定やユーザー情報の登録、既存のユーザー認証システム(Active Directory)との連携、シングルサインオンの導入、管理者教育などの初期導入を支援するソリューションを提案する。