IIJグローバルソリューションズ(IIJグローバル、岩澤利典社長)は、2012年9月から提供している「IIJ Global Smart WANサービス」を刷新し、ネットワーク機器を集中管理するシステム「SACM」を活用した新たなネットワークサービス「SmartWAN」を4月22日に発売する。

 ネットワークの設計・構築から、回線や機器の調達、運用管理までをワンストップで提供するマネージド型インターネットVPNサービス。「SACM」の仕組みとIIJグローバルが長年培ってきたネットワーク運用のノウハウを組み合わせて、企業ネットワークの運用にかかる負荷を軽減する。

 サービスでは、IIJが新たに開発した無線LAN機能をもつサービスアダプタ「SA-W1」を提供。有線回線の敷設が困難な店舗などでもネットワーク環境を構築できる。モバイルによるVPN接続は7月に提供する予定。さらに、利用ニーズが高まっているタブレット端末での利用もサポートする。無線アクセスポイントは、「SACM」によってサービスアダプタと一元的に管理することができる。最低利用期間は1か月で、短期利用用途などの顧客の要望にも柔軟に対応する。