オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、4月8日、全銀電子債権ネットワーク「でんさいネット」が提供する電子記録債権「でんさい」と日本電子債権機構(JEMCO)が提供する電子決済サービス「電子手形」に、中小企業向け基幹業務パッケージ「奉行i8シリーズ」と中堅企業向けERPパッケージ「奉行V ERP8」が、今秋以降、順次対応すると発表した。

 中小企業の資金調達の円滑化・効率化を目的とする電子記録債権は、今後、企業間取引の新たな決済手段として普及が見込まれている。OBCは、「奉行シリーズ」で電子記録債権業務に対応し、パッケージ商品本体で電子記録債権の簡易管理ができるようにした。さらに、オプション製品を組み合わせることで、電子記録債権・手形・ファクタリング・期日現金を含めた債権債務管理を実現する。

 これによって、中堅・中小企業の電子記録債権の管理、期日把握、自動仕訳伝票作成など、業務生産性の向上を支援していく。