ビットアイル(寺田航平社長兼CEO)は、Windows専用のプライベートクラウド「CLOUD CENTER for Windows」で、マイクロソフトが4月17日に正式発売したWindows AzureのIaaSサービス「Windows Azure仮想マシン」とWindows Azure仮想ネットワークとの連携によるハイブリッドクラウドに対応する。「CLOUD CENTER for Windows」とWindows Azureとの連携サービスは、今夏提供する予定。

 「CLOUD CENTER for Windows」は、利用企業に対して、Windows Server 2012 Hyper-V ホストマシンとMicrosoft System Center 2012 SP1の各コンポーネントを専用で提供することによって、費用対効果の高いプライベートクラウド環境を提供するサービス。

 対応によって、System Center 2012 SP1 App Controllerを通じてWindows Azure仮想マシンとの連携と統合管理機能を提供するとともに、Windows Azure仮想ネットワークを経由した「CLOUD CENTER for Windows」とWindows Azure仮想マシンとのIPサブネット同士のセキュアな接続環境を提供する。さらに、System Center 2012 SP1 Data Protection Managerによるストレージソリューションを提供することで、プライベートクラウドとパブリッククラウドのハイブリッドクラウドをシームレスにサポートする。

 ユーザー企業は、稼働させるシステムの要件に応じたインフラ環境の構築をこれまで以上に幅広い選択肢のなかから選択し、組み合わせて構築することで、投資コスト・運用コストを最適化して、TCOを削減することができる。