ビットアイル(寺田航平社長兼CEO)は、ゲーム開発会社のアジアでの事業展開やゲーム配信を支援するために、日本国外でのデータセンター(DC)サービスの提供を開始する。

 提供予定のDCサービスは、コロケーション、ネットワーク、ホスティング、クラウドコンピューティング(IaaS)、各種運用支援など。中国・北京に拠点を開設し、11月1日にサービスの提供を開始する。さらに、シンガポールや香港、台湾など展開拠点を拡大。アジア以外の地域でのサービス展開も検討している。

 アジアでのDCサービス展開にあたって、アジアでのホスティングサービスをはじめとするインフラサービスに多くの実績をもつクララオンラインと協業し、ゲーム開発事業者が海外でコンテンツを配信する際に必要となるサービスをワンストップで提供する。アジア進出に関する事前コンサルティング、各国でのコンテンツ配信に必要な各種手続きの支援、サーバーなどのハードウェアの調達・保守などのサービスを予定している。