日本事務器(NJC、田中啓一社長)は、4月22日、東京ビッグサイトで5月8~10日に開催される「第4回クラウドコンピューティングEXPO【春】」に出展すると発表した。

 NJCの出展テーマは、「文化が変わる!業務とつながる!気付きを与える!コラボレーションが加速する!」。NJCが蓄積してきた業務ノウハウと技術力をベースとした「とぎれないしくみ」を、ブースとセミナーで紹介する。

 NJCブース(ブースNo.東10-29)では、「クラウド×モバイル×ソーシャル」を活用した「いつでも、どこでも情報とつながる!」しくみを紹介。主な出展内容は、「Google Appsで仕事のやり方を変える方法」「セールスフォースを活用した業務ソリューション」「『いつでも、どこでも、つながる』健康生活支援サービス」「キャンパスをスマートに変える大学向けクラウドサービス」「クラウド型企業情報ポータル」など。

 オープンセミナーでは、「仕事のやり方を変えよう『モバイル&クラウド活用』で営業マンの活動量アップ!」「社内SNSを導入したらこんな風に変わってきた!!」「クラウドで加速!今、求められる『ヘルシー・カンパニー』」など、出展内容と連動したオープンセミナーをブース内で毎日開催する。

 また、ブースとは別会場で、「変わる文化!つながる業務!加速するコラボ!」と題し、「つながる」しくみによってもたらされる組織内コミュニケーションの活性化や業務効率化について、自社事例を交えて紹介する。