日本事務器(NJC、田中啓一社長)は、10月22日、トレンドマイクロのSaaS型セキュリティサービス「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスあんしんプラス for Android」「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスあんしんプラス for Mac」の販売を開始した。

 PC、スマートフォン、タブレット端末などのデバイスのセキュリティをSaaS型で一元管理するウイルス対策サービス。Windows OS、Android OS、Mac OSに対応する。Android OS向けには、ウイルス対策と不正なウェブサイトへのアクセスを防止するウェブレピュテーションを、Mac OS向けにはウイルス対策、スパイウェア対策、ウェブレピュテーションを提供する。

 SaaS型のサービスで、マルチデバイス環境に対応。管理者はクラウド上の管理画面にログインすることで、パターンファイルの更新状況、ウイルス検索の履歴、不正なウェブサイトへのアクセス履歴などを簡単に確認できる。自社に管理サーバーの設置が不要なので、サーバー運用にかかる費用や管理者の工数を低減できる。

 税別価格は、「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスあんしんプラス for Android」が月額290円/台から、「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスあんしんプラス for Mac」が月額500円/台から、「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス あんしんプラス(Windows OS)」が月額500円/台から。いずれも、月払いか年払いが選択できる。NJCは、今後1年間で5000ライセンスの販売を見込んでいる。