NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、NTTコミュニケーションズ(有馬彰社長)が提供するパブリッククラウドサービス「Biz ホスティング Cloudn」の環境に、顧客専用の閉域空間(仮想的なプライベートクラウド相当)をつくり、顧客の社内環境とインターネットVPNでつなぐ「クラウド利用者支援サービス(スターターパック)」を5月8日から提供する。

 NTTコミュニケーションズのパブリッククラウド「Cloudn」を活用しながら、顧客専用の安全・安心な専用セキュアクラウド環境を構築する。接続には、インターネット接続回線を通じてインターネットVPNを利用するので、一般的な専用線などに比べてコストを大幅に低減できる。主に、中堅・中小企業の社内網とクラウド側を接続し、エンタープライズシステム向けの利用を想定している。

 初期費用は12万5000円(接続用ルータを含む)からで、月額は2万5000円から。NTTソフトは、今後3年間で5億円の売り上げを目標とする。