NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、オープンソースソフトウェアとして無償公開中のクラウド・セルフサービスポータル「vHut(virtualization High-operation support tool)」の、Red Hat Enterprise Virtualization v3.1(RHEV v3.1)対応版を3月18日に無償公開した。

 「vHut」は、2011年12月にオープンソースソフトウェアとして公開以来、主に研修環境での構築・運用負荷の軽減を目的としたプライベートクラウドの構築支援ツールとして利用されている。「仮想マシンおよびネットワーク構成」をテンプレートとして提供し、プライベートクラウド上の必要な構成を自動生成できる。

 RHEV v3.1に対応したことで、研修環境などで仮想マシンを停止することなく画面イメージ(スナップショット)を取得するライブスナップショット機能を利用できるようになる。研修途中でマシンを止めずに、よりスムーズな研修カリキュラムを実現する。また、従来バージョンよりも安定した信頼性の高い仮想化システムの構築・運用が可能。