NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、企業がクラウドサービス内にデータを暗号化して保存することで、情報漏えいを防止する「TrustBind/Secure Gateway」の販売を4月1日に開始する。

 指定された個人情報や機密情報を暗号化してからクラウドサービスへ送信し、クラウドサービスから暗号化された情報を受信・復号する機能を提供する製品。クラウドサービスには暗号化した情報を保存するので、サービス業者や社員の過失、悪意によるデータの漏えいなどの情報漏えいリスクを軽減する。

 第一弾として、クラウドサービス「Salesforce」に対応する暗号化/復号機能を提供。検索やソートにも対応可能な暗号方式と暗号強度の高いAES方式を、項目ごとに選択して適用できる。これによって、クラウドサービスのもつ機能を損なわないかたちでセキュリティ強化を実現する。

 「TrustBind/Secure Gateway」は、クラウドサービスとユーザー企業のネットワークの間にゲートウェイ装置として設置。暗号化/復号処理は、ゲートウェイで自動的に行われるので、利用者は特別な操作をすることなく、クラウドサービスを安全に利用することができる。

 NTTソフトウェアのエンジニアが直接サポートする体制によって、企業に対して迅速なサービスを提供。日本語での暗号情報の検索・ソート機能の利用にも完全に対応している。

 価格は、1IDあたり月額1000円。別途、ハードウェアと導入に必要なシステムインテグレーション費用などが必要。保守費はライセンス価格に含まれる。NTTソフトでは、クラウド環境で個人情報、機密情報などを扱うことが想定される金融業、製造業やサービス業を対象に、3年で10億円の売り上げを目指す。