日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、4月26日、米オブジェクティビティの分散グラフ検索製品「Objectivity/DB」「InfiniteGraph」の取扱いを開始したことに合わせて、ビッグデータ分析基盤の構築サービスの提供を開始した。

 ビッグデータ分析基盤構築サービスは、NSWのIaaS型クラウドサービス「BlueSpider」を大量データ処理基盤として、分散グラフ検索製品「Objectivity/DB」と「InfiniteGraph」を組み合わせたもの。初期導入コストの大幅な削減するとともに、膨大で分散管理された複雑なデータをリアルタイムで分析し、各データの関係性を探り出すことで、ビジネスでの新たな価値創造や業務効率化を実現する。

 サービスの提供形態は、オンプレミス版とSaaS版を用意。価格は個別の問い合わせとなる。製品を評価するアセスメントサービスもクラウドサービスで提供する。