ビットアイル(寺田航平社長)とサイバーソリューションズ(秋田健太郎社長)は、企業向けメールシステムに特化したクラウド環境を共同開発し、ユーザーの利用環境に最適化したハイブリッド型クラウドメールサービス「CYBERMAIL Hybrid Ω(サイバーメール・ハイブリッド・オメガ)」を、7月1日に発売する。

 インフラは、データセンター事業者として実績のあるビットアイルのコンピューターリソースやネットワーク機器、運用監視サービスを組み合わせて提供。アプリケーションは、サイバーソリューションズの企業向けメールシステム「CyberMail」を利用する。

 価格は、1アカウントあたり800円から。両社の販売パートナー企業を通じて提供し、3年間で200社への納入を目指す。(ゼンフ ミシャ)