アイ・ユー・ケイ(IUK、末岡宗廣社長)は、5月27日、グループ会社のクラウド・スコープ・テクノロジーズ(高岡利光社長)が開発した仮想化環境のシステム運用監視ソリューション「MoonWalker」をより迅速・容易に導入できるよう、日本IBM(マーティン・イェッター社長)の協力の下で仮想アプライアンス化した「MoonWalker for PureSystems」の提供を開始した。

 「MoonWalker for PureSystems」は、システムの稼働監視に加え、仮想サーバーが稼働している物理サーバーの情報や、仮想サーバーのネットワーク構成情報、仮想サーバーが物理サーバー間を移動するライブマイグレーションの状態を収集し、複雑な仮想化環境の構成情報を可視化。システム障害による影響範囲を早期に特定し、対処することができる。

 また、日本IBMの技術支援の下、専用ツール「IBM Image Construction and Composition Tool(ICCT)」を用いて仮想マシンの標準的な形式「Open Virtualization Format(OVF)」に変換し、設定や構成、稼働確認を事前に済ませた仮想アプライアンスなので、最短1時間でVMware、KVM、Hyper-Vなどの仮想化環境の運用監視を開始できる。

 税別ライセンス価格は500万円から。IUKは、今後、統合ログ管理を実現するアプリケーションなど、他のアプリケーションも順次仮想アプライアンス化し、魅力的なソリューションがより多くの顧客に活用されるよう、取り組みを進める。一方、日本IBMは、新設したIBM仮想アプライアンス・センターでの支援活動を通してパートナーや顧客のビジネスを支援する。