日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、4月15日、独立系ソフトウェア開発事業者(ISV)やシステムインテグレータ(SIer)に、仮想アプライアンス作成用のツールや環境を無償提供する「IBM 仮想アプライアンス・センター」を、東京・晴海事業所に開設した。

 ISV/SIerは、自社のアプリケーションコードを持ち込んで、日本IBMのエンジニアから支援を受けるかたちで、仮想マシン上にOSやアプリケーションを事前にインストールして一つのファイルにまとめる仮想アプライアンス化ができる。日本IBMは、作成した仮想アプライアンスをウェブサイトで紹介し、全国販売を促進する。

 仮想アプライアンス化は、従来は個別設定が必要だったOSやアプリケーションを一つのファイルに統合することによって、導入作業の時間や保守サポートに必要な人月を削減する。システム製品担当の三瓶雅夫専務執行役員は、「仮想アプライアンス・センターの開設によって普及を促したい」としている。(ゼンフ ミシャ)

システム製品担当の三瓶雅夫専務執行役員