ペイロール(湯淺哲哉社長)は、従来よりも迅速に信頼性の高い給与計算業務サービスを提供するために、ベル・データ(小野寺洋社長)の協力の下、日本IBM(マーティン・イェッター社長)の次世代ブレードサーバー「IBM Flex System」と仮想化環境管理ソフトウェア「IBM SmarterCloud Entry for IBM Flex System」を活用してITインフラを刷新し、3月に全面稼働を開始したと発表した。

 ペイロールは、給与計算から労働・社会保険関連の人事業務まで広範にカバーする給与計算業務のフルスコープ型アウトソーシング事業を展開している。従来は200台の個別分散システムを運用していたので、年末調整の時期など、負荷が集中したとき、システムの性能に影響を与える可能性を抱えていた。このため、業務処理量の変動に柔軟に対応できるシステムを実現するとともに、サービス提供までのスピードアップと、インフラ利用状況の可視化による投資の適正化を図ることができる新たなインフラを求めていた。

 ベル・データが構築したインフラは「IBM PureSystems」製品群に属する「Flex System」が支えてうる。実際に稼働を開始したのは、11台の「IBM Flex System x240コンピュート・ノード」、2台の「IBM Storwize V7000」で、これらは管理ソフトウェア「IBM Flex System Manager」で一元管理される。新しいインフラは、仮想化ソフトウェア「VMware」で仮想化統合し、プロセッサやメモリなど、ハードウェア資源の利用率向上を図るとともに、全システムを冗長化して可用性を高めた。

 ペイロールは、クラウド環境の迅速な構築を実現する「IBM SmarterCloud Entry for IBM Flex System」を活用することによって、システム構築時のインフラ提供時間を従来の1か月から大幅に短縮できると見込んでいる。

 ペイロールは、今後、2拠点で同等構成のシステムを稼働し、業務負荷に応じて処理を柔軟に割り振る仕組みの導入も検討している。