ネットギアジャパン(NETGEAR、杉田哲也代表)は、デスクトップ型ユニファイドストレージ「ReadyDATA 516」を6月10日に発売する。

 「ReadyDATA 516」は、ブロックレベル・レプリケーションや重複排除、シンプロビジョニングなどの高度な機能を搭載する。「ReadyDATA 5200」(2Uラックマウント)とともに使用することで、エッジからコアまで総合的なデータ保護を提供することが可能。また、きょう体内にはSATA HDDとSSDを混在させることができ、最大24TBまで容量を拡張することができる。

 また、ReadyNASシリーズから、新製品「ReadyNAS 312」も同時に発売する。同製品は、現在発売中の「ReadyNAS 300シリーズ」のビジネス向けエントリー機で、小規模ビジネスネットワーク、リモートオフィス、支店向けの2ベイディスク内蔵デスクトップ型ユニファイドストレージ。

 エントリー機ながら、アプリケーションによる簡単アクセス、拡張ユニットによる簡単拡張、無制限スナップショット、ウイルススキャンなどの高機能も無償で利用できるなど300シリーズで使用可能な機能をすべて使用することができる。

 税別価格は、「ReadyDATA 516」(ベアボーンタイプ)が34万円。「READYNAS 312」(4TBモデル:2TBx2)が13万5000円。