ネットギアジャパン(NETGEAR、杉田哲也代表)は、PoE(Power of Ethernet)給電に対応したギガビットポート八つとSFPスロット二つを備えたギガビットスマートスイッチ「GS510TP」を、1月24日に発売する。

 「GS510TP」は、八つのギガビットポートすべてに最大130W供給のIEEE802.at PoE+給電機能を搭載。PoE受電に対応したネットワークデバイスに電源コンセントなしで電源を供給して、レイアウトの自由度を高めることができる。

 PoE+対応ポートは、受電機器に既存のPoEの約2倍となる1ポートあたり30Wまで供給でき、マルチチャネルの無線LANアクセスポイント、ズーム対応のIPカメラ、タッチスクリーンのついたIP電話など、今後増加してくる消費電力が15.4W以上のデバイスも接続することができる。

 1日のある一定時間にPoEポートをオン/オフする「PoEタイマ」機能を備え、日/週/月/年ごとのスケジュールを設定できる。さらに、ポートの電力使用の優先順位をつけることができるので、トータルで必要な電力量が「GS510TP」の全供給可能電力値を越える場合でも、優先設定したポートの電力供給を常に保つことができる。

 Auto Voice VLANやAuto Videoなどの機能も備え、VoIPを活用したIP電話を低コストで簡単に導入することができる。また、QoS(Quality of Service)をサポートし、ネットワーク上で特定の通信のための帯域を予約して一定の通信速度を保証することができる。

 このほか、VLAN、802.1x、レイト制御などL2フルマネージスイッチレベルの機能に加え、L3フルマネージスイッチレベルのIP ACLもサポート。ファンレス設計で、動作音を気にせず快適に使用できる。電源内蔵とラックマウント搭載にも対応する。価格は8万1900円。

GS510TP