ネットギアジャパン(NETGEAR、杉田哲也代表)は、9月13日、中堅・中小企業(SMB)に適したUTM(統合セキュリティ管理)アプライアンス製品「NETGEAR ProSecure UTMシリーズ」を、9月末に発売すると発表した。

 Commtouch、Mailshell、Sophosなど、高品質でエンタープライズクラスの堅牢性をもったセキュリティテクノロジーと、特許出願中のストリームスキャンテクノロジーを融合し、ウェブ、電子メール、ネットワークの脅威から企業のビジネスを守る一体型セキュリティゲートウェイ。

 ストリームスキャンテクノロジーによって、120万件以上のシグネチャによるマルウェア検知を、スループットを落とさず高速に処理する。また、高品質のクラウドベース・ハイブリッドウェブフィルタリングとファイアウォール、IPS、VPN機能性を備えたアンチスパムテクノロジーで、成長を続けるSMBに理想的なセキュリティソリューションを提供する。

 第三者テスト機関Tolly社によって、多くのマルウェアを検出することが証明されているほか、SC Magazine USから、製品性能、管理運用性、コストなどのすべての観点で5スターを獲得して推奨製品に位置づけられ、世界中で多くの導入実績をもっている。

 税別価格は、「ProSecure UTM10」(UTM10本体+3年ライセンスバンドル)が8万7000円、「ProSecure UTM25」(UTM25本体+3年ライセンスバンドル)が9万9000円、「ProSecure UTM50」(UTM50本体+3年ライセンスバンドル)が14万5000円、「ProSecure UTM150」(UTM150本体+3年ライセンスバンドル)が21万2000円。