サイボウズ(青野慶久社長)は、日本空港ビルデングが業務改善クラウド「kintone on cybozu.com(kintone)」を導入したと発表した。羽田空港国内線旅客ターミナルの館内呼び出し登録システムとして活用している。

 羽田空港では、館内で迷子の子どもなどを発見した際には、巡回案内係が最寄りの案内所まで顧客を案内し、記入用紙に必要事項を記入したうえで、案内所からアナウンス室へファックスを送っていた。この方法では、案内所までの移動時間や、ファックスの送信時間など、さまざまなタイムラグが発生していた。

 「kintone」導入後は、巡回案内係が迷子の子どもを発見したその場でiPadを使い、「kintone」で作成した登録システムに必要事項を入力する方法に変更。既存サーバーとのシステム連携によって、情報登録と同時に、アナウンス室のパトランプが点灯する仕組みをつくり、館内放送までの時間短縮につなげた。