サイボウズ(青野慶久社長)は、無料グループウェア「サイボウズLive」のスマートフォン向けアプリ「サイボウズLive for iPhone/Android」をアップデートした。

 「サイボウズLive」の登録者数は50万人で、そのうち12万人以上がスマートフォン用のアプリケーションを利用している。今回、スマートフォンからのアクセス増加を受け、PCを主なサービスの利用手段として想定した開発方針を転換。「スマホファースト」を掲げて、第一弾としてインターフェイスを刷新した。

 アプリケーションのナビゲーション方式を改善し、どの画面からもナビゲーションメニューを表示できるようになった。メニューには「サイボウズLive」の主要機能に加えて、最近更新のあった「グループ」や「メッセージ」の一覧が表示され、必要な情報に素早くアクセスすることが可能になった。

 また、新着情報のプレビュー画面を改善した。従来は、投稿内容がテキストで表示されるのみだったが、添付画像や投稿者の顔写真が表示されるようにした。過去の未読コメントの表示や「いいね!」の付加など、プレビュー画面で行うことができるようにし、コミュニケーションの流れを把握しやすくした。