エプソンは、6月13日、1台でCD/DVDへのデータの書込みからレーベル印刷まで、オンデマンドでディスク作成ができる「ディスク デュプリケーター」の新製品「PP-100II」を、7月1日に発売すると発表した。

 「PP-100II」は、本体寿命が15万枚と従来機種(PP-100)の5倍の長寿命を実現。CD/DVDドライブが寿命になった際のドライブ交換を、ユーザー自身で簡単に行うことができ、ドライブ寿命の際の交換にかかるダウンタイムを低減する。

 標準添付のソフトウェア「Total Disc Maker」は、ディスクへのデータ書込みの定義やレーベル面のデザイン編集、ディスクの発行までを簡単に行うことができる。新製品は、従来のデータ書込みに加え、最大50枚のディスクを一括でパソコンに読み込んで保存できる「まとめてリード(読込み)機能」に対応している。

 価格はオープンで、予想市場価格は48万円台後半。エプソンは、今後1年間で約500台の販売を見込んでいる。