セイコーエプソン(碓井稔社長)とエプソン販売(平野精一社長)は、A4モノクロページプリンタの新製品として、35枚/分の高速印刷と、TEC値1.45kWhの環境性能を実現した「LP-S340D」「LP-S340DN」を、5月23日に発売する。

 新製品は、35枚/分の高速印刷に加えて、エプソン独自の高速処理によってファーストプリントとしてわずか5.5秒を実現。必要な書類をすばやく印刷でき、業務効率を向上する。

 TEC値は、1.45kWhで、2010年12月発売の「LP-S310」シリーズからTEC値を約35%削減。待機時(ディープスリープ時)の消費電力は平均0.98Wで、「国際エネルギースタープログラム」に適合するすぐれた省エネルギー性能を備える。

 「LP-S340DN」は、有線LANを標準搭載。高速データ転送の1000BASE-Tに対応し、大容量ファイルをスムーズに印刷することができる。

 実勢価格は「LP-S340D」が5万円台後半、「LP-S340DN」が6万円台後半。セイコーエプソンは、今後1年間で新製品を含むA4モノクロページプリンタで5万5000台の販売を予定する。