インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、6月24日、法人向けクラウドサービス「IIJ GIOサービス」の新製品として、ユーザー企業のビッグデータ活用を支援するソリューション「IIJ GIO ビッグデータラボ」を発売した。

 「IIJ GIOサービス」上で、ビッグデータを並列分散処理するための基盤を提供。サーバーの基本的な設定やミドルウェア、データ活用で必要となるツールをインストールした状態で提供する。ユーザー企業は、自ら検証環境を準備することなく、ビッグデータ活用の検証ができる。月額利用料金は15万円。

 データ分析作業をIIJとパートナー企業が連携して支援するサービスと、ビッグデータ基盤を利用した技術的な検証作業を支援するサービスをオプションとして用意する。(ゼンフ ミシャ)