リゾーム(中山博光代表取締役)は、セレクトショップ大手のビームス(設楽洋社長)のクラブ会員カード「BEAMS CLUB」と商品別売上げの分析システムとして、戦略会議シリーズの「顧客分析システム」が採用されたと発表した。

 ビームスでは、少子高齢化に伴う購買層の変化、競合会社の出店数増加など、外的要因への対策が課題となっていた。この対策の一つとして、売上げ拡大に向けて改めて既存顧客に注目し、来店頻度や購買リピート率などの購買行動を把握して顧客育成に取り組むことを重視。265万人の登録があるクラブ会員カード「BEAMS CLUB」と商品別売上げデータのより詳細なデータ分析を検討した。

 実際にデータを利用して評価・検証をした結果、オンラインショッピングサイト「BEAMS Online Shop」や、他の大手オンライン通販サイトでのデータと、全国の店舗データを統合して扱えること、商品と顧客を紐づけた分析が容易にできることが決め手となり、リゾームの「顧客分析システム」が採用された。顧客戦略担当のCRM部門だけでなく、マーチャンダイジングなどの他関係部門で必要な分析もでき、商品戦略・販売戦略に活用できることも評価された。

 ビームスは、「顧客分析システム」の導入によって、「顧客の見える化」「顧客に合わせた施策」「効果検証」のサイクルの繰り返しを実現。顧客生涯価値(LTV)の向上に期待している。