米オラクルは、クラウド向けに設計した初のデータベース(DB)製品「Oracle Database 12c」のダウンロード提供を、Oracle Technology Network(OTN)で開始した。

 「Oracle Database 12c」は、新しくマルチテナント・アーキテクチャを採用している。新機能「Oracle Multitenant」によって、DBのクラウドへの統合プロセスを簡素化して、アプリケーションを変更することなく、多数のDBを一つのDBとして一元管理することができる。

 「Oracle Multitenant」は、アプリケーション層ではなく、DB層でマルチテナントをサポートするので、「Oracle Database」上で動作するあらゆるISVアプリケーションをすべてSaaS対応として提供できる。

 また、企業がより多くのデータをより少ないストレージコストで管理し、DBの性能を向上できるよう、新たにデータの自動最適化機能を導入。ヒート・マップによってDBの読取り・書込み動作を監視し、管理者は簡単にテーブルやパーティション内に保管されているデータを「ホット(動作が非常に集中している)」「ウォーム(読み取りのみ)」「コールド(読み取りがほとんどない)」に識別することができる。

 さらに、セキュリティに関しても、これまでの「Oracle Database」のあらゆるリリースを上回る数のイノベーションを実装し、拡大する脅威や厳格化するデータ・プライバシー関連規制に対応する。