日本オラクル(遠藤隆雄社長)とTIS(桑野徹会長兼社長)は、ベリトランス(沖田貴史代表取締役)がクレジット業界のグローバル・セキュリティ基準であるPCI DSSに対応した課金決済プラットフォームをリニューアルしたシステムに、ソリューションを提供した。

 プロジェクトでは、日本オラクルが高速データベースマシン「Oracle Exadata」、セキュリティ製品「Oracle Advanced Security」、データ統合ソリューション「Oracle GoldenGate」を提供し、TISが「Oracle Exadata」の導入とデータ移行を担当した。

 両社との協業によって、ベリトランスは国内外の多数の事業者に活用されるマルチ決済システム「VeriTrans3G」を中心とした決済システムのトランザクションを支える高性能で堅牢なECプラットフォームを実現した。

 新課金決済プラットフォームは、「Oracle Exadata」の活用によって、従来は最大360分を要したバッチ処理が15分に、30秒以上かかる検索処理件数は約200件/日から約10件/日になり、処理性能を向上した。また、「Oracle GoldenGate」を活用することで既存システムのデータを「Oracle Exadata」に複製し、システムの停止時間を極小化することによって新プラットフォームへの移行を可能にした。